公務員(技術) 試験ブログ

2012年の公務員試験(技術系・化学職)を受験し、合格しました。
2013年度に転職しています。>挨拶へ


スポンサーサイト

Posted by くまり on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専門試験対策

Posted by くまり on   0 comments   0 trackback

化学職の勉強をする中で、一番大変なのが、、専門試験の情報量の少なさでしょうか。
TACには、工学基礎のコースがあり、もちろん自分も受講していました。
しかし、、肝心の化学部分のコースはなく、自主勉状況でした。

行政職のように、、過去問の市販も少なく、、
一体全体何から手をつければ良いのか。でも専門試験の方が配点高いし、、
そんな状態から勉強は始まりました



<9~12月>
スー過去化学を買ってみる。頻出問題は家にあったので引っ張り出してみる。
がしかし、全然解けず途方に暮れる。
工学基礎も全く解けず、つい教養試験の勉強ばかり。

■専門化学
「スーパー過去問ゼミ 化学」、「化学の頻出問題」を入手
特にスー過去は買ったほうが良いと思います。
化学職を受験する人の多くが利用している本だと思うので(図書館で良く見かけた)
同じ問題が出たときに、解けないと差がつくと思います。

■工学基礎
TACの演習問題をやり始める。



<1~3月>
LECの技術(化学)模試を受験する。
3割強ぐらいの出来で、かなり焦る。というか自暴自棄になり、、この時期に退職を決意。
心が折れそう、、むしろ折れていましたが、勉強時間も限られていたため、
ひたすらスー過去と頻出問題をまわし続ける。
飽きてきたら、教養の勉強。



<4月以降>
退職後は時間に余裕が出来たため、
配点の多い化学工学、有機化学、物理化学の専門書を購入。
スー過去を5回以上まわしてきたので、何となく解けるようになってきたような…?
時間を置くとすぐ忘れてしまうので、とにかく専門ばかり勉強していました。

後は、専門ありの貴重な模試を見つけたら、必ず受けるようにし、
同じ問題は解けるように心がけました。実際の試験前日にも宿泊ホテルで復習。
そしたら、ほとんど同じ問題が、どこかの(曖昧ですいません)試験に出てきてびっくり!

■化学工学
「はじめて学ぶ 化学工学」を購入
物理系が苦手な人にもわかりやすく書かれていました。

■有機化学
「演習 有機化学」
大学の授業で使いそうな(?)本。
試験に出そうなところをピックUPして何度も解きました。

■物理化学
「ライフサイエンスの物理化学演習」
これも、物理系が苦手な人でもわかりやすいかな…と思います。
苦手分野だったため、やりこみました。




<まとめ>
偉そうなことを言えるほどの、得点が取れていた訳ではないので、参考程度に。

オススメすることとしては、
・スー過去化学を購入して、わからなくてもとりあえずやり続ける
・LECなどの専門のある模試を受けて、同じ問題は解けるようにする 


スー過去化学はみんなやっているので、絶対に買って下さい。
やり続ければ、なんとなく解けるようになります。

後は、参考書の揃っている本屋さんや生協で色々と比較して、
気に入った参考書を使えば良いと思います。
大学で使っている、分厚い教科書の章末問題でも良いと思います。

もし大学時代の試験の過去問があれば、良い問題が多いので、やって下さい。
ない方は、予備校の模試を受験し、良い問題のバリエーションを増やして下さい。

難しい問題を追求していると、いくら時間があっても足りません。
試験に出そうな、メジャーな良問を中心に固めてみて下さい。

当日の試験問題は持ち帰れないものばかりだったので、正確なことは言えませんが、
模試や自己採点等から、8~10ヶ月近く勉強して、
【教養】 5割 → 6割
【専門】 3割強 → 6割弱

ぐらいになったのではないかと推測しています。
このぐらいの出来で、合格した試験が2つ、筆記落ちが1つでした。




「スー過去 化学」
国家や地方の過去問
絶対購入した方が良い
「化学の頻出問題」
 スー過去の1つ前のVer.
問題数を増やしたい方に



「はじめて学ぶ 化学工学」
考え方が詳しく載っていて
わかりやすい!
  「演習 有機化学」
有機化学の他にも
色々なシリーズあり
「物理化学演習」
演習問題がちょうど良い量
 物理が苦手な人でも取り組める 


気になった参考書があったら、実際に見てみてください^^

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kumarinet.blog.fc2.com/tb.php/9-cd54ec43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。